カクテキ・豚キムチ簡単レシピofキムチきむちキムチレシピ

短時間で簡単に作ることの出来る浅漬け系キムチは、酸味が少なく熟成キムチの酸味や香りが苦手な人にも美味しく食べられるタイプのキムチです。浅漬けタイプのキムチを作るときにも、キムチヤンニョムやアミの塩辛などを加えることで味と香りが深くなります。ビビンバなどの韓国料理に色々なタイプや味のキムチを使いたいときには、簡単に作れる浅漬け系キムチがおすすめですよ。

浅漬け白菜キムチのレシピ

キムジャンキムチで作られる熟成キムチにも、白菜は欠かせない材料ですが、浅漬け系のキムチにも白菜はよくあいます。熟成させたキムチにはない、しゃきしゃきっとした食感が楽しめる浅漬け白菜キムチもとっても簡単で美味しいキムチです。

*材料

白菜 1/4・たまねぎ 1/2・天然塩 10g・りんご 1/4・キムチヤンニョム 大さじ 2・ヤンニョム 大さじ 2・アミの塩辛 小さじ1・砂糖 小さじ 1・コチジャン 小さじ 1・酢 小さじ 1・しょうが 1/4片

*作り方

  1. 白菜を手で食べやすい大きさにちぎります。手でちぎると、味がしみ込みやすくなるので包丁を使わないのがポイントです。ちぎった白菜に塩をふりかけて、全体によく馴染むように軽くもみこんで、しんなりするまでおいておきます。
  2. りんごは皮のまま千切りにします。たまねぎも細めにスライスしておきます。
  3. しょうがはみじん切りにします。
  4. 白菜がしんなりしたら水で塩を洗い流して、ザルに上げて水気を切っておきます。
  5. ボールにキムチヤンニョム、ヤンニョム、しょうが、砂糖、コチジャン、アミの塩辛、酢を入れて、混ぜ合わせます。
  6. ボールの中に、たまねぎと白菜、リンゴを加えて手でまぜあわせて完成です。お好みで醤油を加えて味を整えるのがおすすめです。

きゅうりと二十日大根の浅漬けキムチレシピ

浅漬け系のキムチには胡瓜がよく使われます。キュウリは水分が多いので、キムチにするときには長期間で漬け込むより、作ってから短い時間で食べるほうが、人気があるようです。また、さっぱりとしたキュウリにピリッと辛い二十日大根は、漬け込んですぐの食感がよいので浅漬けキムチはぴったりの材料なんです。

*材料

二十日大根 8〜10株・きゅうり 2本・キムチヤンニョム 大さじ 2・コチジャン 小さじ 1・糸唐辛子 10g・砂糖 小さじ 1・しょうゆ 小さじ 1・塩 大さじ 2

*作り方

  1. 二十日大根は、葉っぱと株を切り離しておきます。きゅうりはカブと同じ大きさになるようにカットしておきます。
  2. ボールに二十日大根の葉っぱと根、きゅうりを入れて塩をふり、もみこんでしんなりするまでおいておきます。
  3. 別のボールにキムチヤンニョム、砂糖、醤油、コチジャンを入れて混ぜ合わせます。
  4. きゅうりがしんなりしてきたら、きゅうりと株を水で洗って塩を落とします。フキンなどで軽く押さえて水気をよくきっておきます。
  5. 水気を切ったきゅうりとかぶをキムチヤンニョムの漬け込みダレの中に加えて手で混ぜ合わせます。
  6. きゅうりから水気がでてくるまでに、糸唐辛子を振りかけて完成です。きゅうりは漬け込んでから時間が経つと、かなり水分がでてきます。シャキシャキッとしたきゅうりと二十日大根の食感を味わうためには、食べる直前に漬けるのがポイントです。