カクテキ・豚キムチ簡単レシピofキムチきむちキムチレシピ

キムチは好きだけど、食べあとの臭いが気になる…。とキムチを食べるのを控えている人はいませんか? キムチに含まれる乳酸菌や唐辛子のカプサイシンなど、ダイエットや健康維持にも効果的なキムチは、そのまま食べても料理に入れてもおいしいものです。においを気にせずキムチを楽しむための口臭対策をご紹介しましょう。

口臭対策について

*臭いの原因

キムチが口臭の原因となるのは、キムチに使われているにんにくが主な原因です。また、乳酸食品独特の発酵臭が気になる人もいます。しかし、キムチ自体は発酵食品ですので酸味のある臭いがありますが、乳酸発酵で生まれる乳酸菌には口臭を予防する働きがあるものですから、発酵臭が口臭の原因になることはないといえます。そのため、キムチを食べるときの口臭対策としては、ニンニクの匂いに対する対策をすることがポイントになります。

*口臭を消す食べ物

口臭を消す効果のある食べ物には色々な種類がありますが、ニンニクを食べた後の口臭を消すのに有効なのは、牛乳やチーズなどの乳製品です。乳製品に含まれるアミノ酸には、キムチに使われているニンニクの臭い成分である「アリシン」をくっつける作用があるからです。リンゴやレモン、梅干など酸性の食品も効果があります。キムチを食べた後に、リンゴやレモンを絞って飲むと口臭対策になります。しかし、レモンなどの強い酸を大量に飲むと胃やのどの粘膜に刺激を与えすぎてしまうこともあるので注意しましょう。

*食べた後の口臭対策

キムチを食べた後に、口臭が気になる場合には口臭を消す効果のある食べ物を食べた後に、口腔内のケアをしておくのが効果的です。特に歯垢のなかでは口臭の原因となる嫌気性のキンが繁殖しやすいので、歯磨きとフロスケアをしておくのもおすすめです。また、唾液を沢山分泌することで口の中の臭いを抑えることも出来るので、ガムをかむのも良い鯛書方法といえます。フラボノイドや消臭効果のあるクロロフィルは、緑茶などに沢山含まれています。爽やかなかおりのするハーブ入りの緑茶を飲むと、自分でもすっきりとすることが出来るのでおすすめですよ。

臭いの少ないキムチ

*ムルキムチ

何百種類もあるキムチの中には、ニンニクを使わないにおいの少ないキムチもあります。日本では「水キムチ」と呼ばれている「ルムキムチ」は、冷麺のスープには欠かせないキムチとしても有名ですが、ニンニクを使わないで作られるものも多いため食べた後の口臭が気になる人にはぴったりのキムチです。しかし、ルムキムチに使われる野菜や薬味には色々な種類があるため、ニンニクが使われているものもあります。キムチの後の口臭が気になる場合には、ニンニクを使っている水キムチかどうかを確認してからたべるのがポイントです。

*臭わないキムチ

キムチをはじめ、もともと沢山のニンニクを使った料理が食べられている韓国でも、キムチを食べたあとの口臭が気になってキムチを食べない、という人も増えているようです。また、世界的に有名になった健康食品のキムチですが、他の国の人からはにおいが気になるという場合もありました。そこで、最近韓国で開発されているのが、臭いの少ないキムチです。無臭ニンニクを使って漬けるキムチの他に、唐辛子の変わりにピーマンなどを使ってキムチ独特の風味を出しながらも匂いを押さえる商品などがあります。色々な発酵方法やや熟成方法で臭いを少なくする製造方法が研究・開発されているので、臭いが気になる人も気にせずキムチを食べられるようになるかもしれませんね。