カクテキ・豚キムチ簡単レシピofキムチきむちキムチレシピ

簡単レシピofキムチ

キムチの秘密

キムチの栄養・成分

キムチは滋養強壮や、新陳代謝を活発にするなど沢山の栄養や成分が使った健康食品としても知られていますよね。韓国の人たちの肌がきれいだったり、スタミナがあるのはキムチのおかげ、なんていわれることもあるくらい。そんなキムチに含まれる成分や栄養の特徴を知ると、もっとキムチを食べたくなるかもしれませんよ。

キムチの栄養・特徴

*乳酸発酵の効果

キムチにも色々な種類があり、素材によっても発酵具合が違いますが、一般的に有名な白菜キムチは、動物性たんぱく質と白菜が乳酸発酵している発酵食品としても有名です。乳酸食品には、腸の中の善玉菌を増やす働きがあるため、キムチは整腸作用のある健康食品としても知られています。また、肉類の酸化を抑える働きがあるため、悪玉菌を減らしてくれます。しかし、腸の働きを助けるキムチの乳酸菌は、体内ではあまり長時間いきていられません。そのため、毎日少しずつキムチを食べるのが効果的な食べ方といえます。

*カロリー

キムチには沢山の野菜が使われているため、比較的カロリーの低い食べ物です。日本でもよく食べられている白菜のキムチの場合、約100gで40〜50kcalのものが一般的です。しかし、同じ白菜を使ったキムチでも、砂糖が含まれていたり、肉や果物が材料として使われているものもありますので、カロリーはキムチの種類やタイプによっても違っていきます。また、塩分を多く含んでいるため、キムチだけでなく他の食材やご飯などを多く使うことになるとキムチを使った料理のカロリーも多くなります。

*消化を助ける

キムチに使われている唐辛子には、胃や腸を刺激して消化を促す働きがある成分を含んでいます。そのため、キムチを食べることで胃の動きが活発になり、胃酸の分泌や胃の動きを整えてくれる働きがあります。しかし、刺激がある成分のため、あまり沢山の量をいっぺんに食べてしまうと刺激が強すぎる場合もありますので、自分に合った量を食べる用にしましょう。またキムチにはショウガやニンニクも使われていて、ニンニクに含まれるアリアシンや生姜のジンジョールは代謝を活発にしてくれる働きがあります。

キムチの成分

*ビタミン

キムチには沢山のビタミンが含まれていることでも有名です。中でもビタミン12が多く含まれているのは、乳酸食品のキムチならではの特徴です。また、肌や粘膜の保護にも役立つビタミンCやビタミンKなどはキムチを一日100g食べることで、一日に摂取したい理想量の1/3以上を取ることができます。キムチに含まれるビタミン類には、新陳代謝を活発にする働きの他に、酸化防止効果があるものもあります。そのため、特に食品からのビタミン補給がしにくくなる冬場にはぴったりの食べ物といえます。

*カプサイシン

キムチに使われるタレにも使われている唐辛子は、辛味成分で知られる「カプサイシン」が多く含まれています。カプサイシンには胃を刺激して消化を助ける働きがあるほか、新陳代謝を活性化させて新陳代謝を活発にする効果もあります。ダイエットにも注目されたカプサイシンを多く含み、内蔵の消化吸収力を高めることで、身体の基礎代謝をあげることもできます。そのため、ついつい食べ過ぎてしまう人や、ダイエット中の人にもキムチを使った料理は効果的でぴったりの食べ物といえますよね。

*食物繊維

キムチには大根や白菜、ネギなど食物繊維を多く含む野菜が使われることが多くあります。腸で簡単に吸収されることのない食物繊維は、腸に刺激を与える整腸効果の他に、町内に溜まっている老廃物を押し出してくれる掃除屋さんの役目もしてくれます。キムチだけでも食物繊維が沢山含まれていますが、キムチを使った料理には、さらに多くの野菜を使うものが沢山ありますよね。野菜が苦手な人や、つい肉料理が多くなってしまいがちの人でも、キムチを上手に利用することで、毎日不足しがちな食物繊維をしっかりとることができますよ。