カクテキ・豚キムチ簡単レシピofキムチきむちキムチレシピ

簡単レシピofキムチ

キムチの秘密

韓国のパワーの源とも言われる「キムチ」。日本でも一般的な食べ物として食卓に並ぶことも多くなってきましたよね。日本でのキムチ消費量も右肩上がりで、本場のキムチを取り寄せたり、通販でお気に入りのキムチを購入する人も増えています。そんな人気のキムチにはどんな秘密があるのでしょうか?

キムチの栄養と特徴

白菜キムチを漬ける時に使われる材料には、唐辛子やしょうがなどダイエットや新陳代謝を促進する働きのある材料が沢山使われています。そのため、キムチを使った「キムチダイエット」なども注目を集めました。ダイエットの効果的な成分を含む素材には、消化を助ける働きやスタミナをつけて滋養強壮に役立つ成分も含まれています。また、熟成させたキムチは整腸作用のある乳酸食品としても有名で、毎日続けて少しずつ食べることで健康維持にも効果的です。刺激のあるカプサイシンや塩分は、いっぺんに取りすぎると体調をくずすこともありますので、適度な量を長く食べ続けるのがポイントです。

キムチのはじまり

韓国のキムチといえば、鮮やかな赤い色を思い浮かべる人も多いと思います。しかし、現在一般的に見られる唐辛子のたっぷり入ったキムチが作られるようになったのは、日本から200年ほど前に日本から唐辛子が伝えられてからなんです。現在では、キムチにもたっぷりの唐辛子が使われるのが当たり前ですが、昔のキムチは辛くも赤くもなかったなんてちょっと不思議ですね。なぜあんなにも辛味刺激の強い唐辛子が韓国でこんなにも使われる用になったのかを韓国の友人に尋ねてみたところ、唐辛子の味が韓国人の舌にあっていたからという理由の他に、「唐辛子を食べるとストレス発散になる」といわれていました。

焼肉には欠かせないキムチ

韓国式焼肉店には、必ずといっていいほどキムチがありますよね。韓国では、肉とキムチを一緒に食べるのが一般的な焼肉の食べ方で、ご飯を一緒に食べるということはあまりしません。どちらかというと、肉と野菜をたっぷり食べた後に、キムチのスープを使った冷麺でさっぱりとしめる、という食べ方が一般的です。また、日本の焼肉屋さんでもキムチがメニューにありますが、肉を沢山食べるときにキムチを食べる時にキムチを一緒に食べると、キムチに含まれる成分が消化を助けてくれます。焼肉とキムチは理にかなった組み合わせなんですね。

キムチの行事と保存食

日本のキムチは日本人向けに浅漬けタイプに漬けられているので長期の保存は利きませんが韓国のキムチは夏や冬の気温差が大きい時期にも保存が利く食べ物として作られていました。韓国では保存食として作られていたほか、様々なキムチに纏わる行事や行事で食べられるキムチ料理が存在します。韓国の旧正月などにはキムチを使ったマンドゥク(水餃子)を食べたり、ポッサムキムチという白菜の葉でいろいろな具材とあわせて巻いたキムチを祝いの席などに食べたりします。

キムチの保存

最近は日本でも沢山のキムチが販売されていますが、日本と韓国のキムチを食べ比べてみると味が違っているように感じます。日本で販売されているキムチは、日本人の味覚にあわせて臭みと酸味を少なくする浅漬けタイプのキムチです。しかし、浅漬けキムチには、熟成したキムチに含まれるうまみ成分が足りません。そのため、アミノ酸などを後から加えてうまみ成分を補充しているものもあります。また、韓国のキムチは保存方法がしっかりしていれば、長期間保存しても熟成が進むだけですが、発酵させていない日本のキムチは短期間で傷んでしまう場合も多くあります。

キムチの口臭対策

皆さんはキムチを食べた後の臭いが気になりますか? キムチにはニンニクや魚介類の塩辛などがたっぷり使われているため、食べた後の口臭が気になるという人も少なくありません。キムチを食べた後の臭い原因の一つは、キムチを作るときに使われているニンニクですよね。ですから、口臭を気にせずキムチを食べるためにはニンニクのにおいを消してくれる食べ物と一緒に食べたり、無臭ニンニクを使った臭いの少ないキムチを選ぶのもポイントです。最近では、臭いが気になる人のために、臭わないキムチの開発をしているキムチ会社もあるようですよ。